« トマトとシソのパスタ (8/8) | トップページ | 奄美のかぼちゃの甘さ (8/9) »

祈りの日 (8/9)

 今日は、長崎の63回目の原爆の日です。

原爆投下時刻の午前11時2分にサイレンが鳴り、黙祷を捧げます。

長崎のローカル番組で「被爆者の高齢化が進んでいます。」と報道していました。

県内の被爆者の平均年齢は74.98歳。

被爆体験の継承が今後の課題。

長崎に生まれ、育っている私は、小中学生の時に平和学習で戦争の事を教えてもらった。

長崎県のはしっこに住んでいるので、被爆体験も生々しい話を聞いた事はない。

去年亡くなった祖母が、「8月9日に畑にいたら、ピカっと光って、きのこ雲が見えたとよ」の話のみ。

でも、祖母の話を聞いた時、子ども心に遠く離れた長崎市に投下された原爆のきのこ雲が見えるなんて、どんなに凄まじかったか・・・と思った事を覚えている。

私に何ができるかわからないけど、戦争や殺人がない世界を祈ります。

戦争・殺人で多くの犠牲者が出る事のない世界を・・・

   2008.8.9

|

« トマトとシソのパスタ (8/8) | トップページ | 奄美のかぼちゃの甘さ (8/9) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206442/42112173

この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの日 (8/9):

« トマトとシソのパスタ (8/8) | トップページ | 奄美のかぼちゃの甘さ (8/9) »